ミュージシャンが作りだしたアルターエゴ(別人格)|ロック編

コラム

みなさん調子どうですか、こんにちはです。

この記事では、ミュージシャンが自らの別人格として作りだした、アルター(Alter Ego)について紹介するとともに、ロックの歴史において、最も有名なアルターエゴを5人、解説していきます。

▶︎ヒップホップ編とポップスター編もあるので、そちらと合わせてぜひご覧ください。

アルターエゴ(Alter Ego)とは?

アルターエゴは君の中にもある

ミュージシャンが意図的に作りだした、自分自身の中にある別人格やキャラクターのことをアルターエゴと言います。難しいと思うかもしれませんが、そのカラクリは案外単純、と言うかみなさんの日常生活にも似たようなものがあるはずです。

例えば、会社勤めのサラリーマン。彼らは会社ではスーツをビシッと決めて、しっかりとした社会人としての言葉を使い、もしその人の役職が高いのなら、部下には歯を見せないなどの堅いイメージを持たれているかもしれません。しかし、家に帰れば家族がいて、妻には夫として(笑顔のない夫なんて嫌なはずだ)求められる振る舞いをし、もし子どもがいるならば、敬語など使わずフランクに、そして時には口元が緩んでしまうかもしれません(子どもが可愛ければ)。

このように人が日常生活を送る上で、場面やコミュニティによって、あたかも人格が変わったかのように自分自身を使い分けるのは、よくあることではないでしょうか。

あなたが学生の頃、厳しい先生と緩い先生を見分けて、タイプによって対応を変えることはよくあったことでしょう。それが道徳的にどうかという話は一旦は置いておいて、自分の人格を変えるように場面によって自分自身を使い分けることは、人が社会生活を営む中でより良く生きるための方策と言えます。

ミュージシャンは音楽産業に身を置く中で、それらと同じように自分自身を使い分けることをしていて、それがアルターエゴと特別なラベリングをされているに過ぎません。ミュージシャンがアルターエゴを表出させる理由には、「個人としての自分とダークサイドの自分を分けるため」、「スターとしての自分と距離を置き、個人としてのプライベートを守るため」、「楽曲やアルバムのコンセプトとして」など、様々な理由があります。が、いづれにしても彼らのアルターエゴは、往々にして音楽をより際立たせるものとして機能しています

ロックにおけるアルターエゴ

ロックにおけるアルターエゴは、とりわけアルバムや楽曲のコンセプトとして現れることが多いように思います。他のジャンルでは、アルターエゴは正真正銘の「別人格」として表出しており、時にはライブパフォーマンスでアルターエゴが出現したり、はたまた楽曲内だけでなく、インタビューや授賞式などでもアルターエゴとして登場したり、その演出の徹底ぶりは凄まじいものがあります。

しかしロックにおいてのアルターエゴは、「別人格」というよりも、一定のコンセプトのもとに「扮する」といったような意味合いが強く、あくまで自分の中にあるモノを分ける、というよりも自分がナニカを演じる、といった感じがします。

 

ロックにおける有名なアルターエゴ

デヴィッドボウイ:”ジギー・スターダスト”

彼の1972年にリリースされた名盤”ジギースターダスト”において出現した、デヴィッドボウイのアルターエゴです。この人格は、異星から使いとして地球にやってきたバイセクシャルのロックスターという設定で、これ以降の彼のライブでは、この人格にのっとったステージ衣装やパフォーマンスが披露されました。

この”ジギースターダスト”というアルターエゴは、彼の宇宙やSFに対する興味から出発し、60年代中盤に出会ったヴィンステイラーというミュージシャンをベースに、さらにはテキサスのレジェンダリースターダストカウボーイや日本の山本寛斎に影響を受けながら発展していきました。

ロックのアルターエゴとしては、最も知られていると言っても過言ではないでしょう。

ビートルズ:”ロンリーハーツクラブバンド”

1967年にリリースされた、ロックにおける最も重要なアルバムであり、コンセプトアルバムという概念を世に提示した作品。アルバム全編を通して”ロンリーハーツクラブバンド”という架空のバンドがライブを行なっている、というアイデアのもと制作されました。このアルバムに出現するアルターエゴのビリーシアーズはリンゴスターが演じ、2曲目”With A Little Help From My Friends”を歌い上げています。

当時、まだアルターエゴという言葉はなかったでしょうが、ビートルズが扮する”ロンリーハーツクラブバンド”という設定は、アルターエゴの走りといえるアイデアです。

ポール・マッカートニー:”パーシー・スリリントン”

ポールマッカートニーによるアルバム”スリリントン”に彼自身の変名として使用されたアルターエゴ。パーシーフェイスとデュークエリントンをもじって付けられた名前です。

と言っても、あくまでポールマッカートニーのペンネームのような形で使われたので、特筆すべき点はありません。

ボノ:”フライ、ミラーボールマン、マックフィスト”

ボノは80年代の大人気ロックバンドであるU2のボーカルです。この3人のアルターエゴは、U2がリリースした”アクトンベイビー”の世界ツアーとして敢行された”Zoo TV Tour”において出現しました。それぞれ衣装や見た目などに多少の違いはありますが、どれも悪魔のような(ジャックニコルソンバージョンのジョーカーを想像してみて)メイクや目が眩しい派手な衣装に着飾ったキャラクターです。

彼といえばサングラスの無骨なファッションなので、全く正反対な雰囲気ですね。

デーモン・アルバーン:”マードック”

彼がフロントマンを務めるBlurというロックバンドは、Oasisと双璧をなす90年代UKロックバンドの代表格ですね。そんな彼が00年代以降にサイドプロジェクト(もはや”サイド”と呼べないほどヒットしてますが)として活動しているのがGorillazというバンド。

Gorillazは「カートゥーン」バンドで、楽曲面をデーモンアルバーンが担当し、ビジュアル面を彼の友人である、イギリスの漫画家ジェイミーヒューレットが務めています。

そしてこのバンドのフロントマンであるマードックは、デーモンアルバーンのアルターエゴとして知られています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました