A Tribe Called Questのおすすめ曲|ジャジーヒップホップ

ピックアップ

みなさん調子どうですか、こんにちはです。

この記事では、アメリカのヒップホップグループ、”A Tribe Called Quest”(ア・トライブ・コールド・クエスト。以下ATCQ)について紹介していきたいと思います。

90年代のUSヒップホップを代表する存在で、いわゆるDr. Dre(Dr.ドレー)などのギャングスタ系ラッパーとは別の流れから出てきた、ニュースクール系と呼ばれるヒップホップの代表格です。

ヒップホップというジャンルを、危険でシリアスなイメージから楽しいパーティミュージックにしてしまった彼らのラップは、ヒップホップにおけるアメリカ独自の文化背景をなかなか理解しづらい我々日本人にとっても、非常に聴きやすいサウンドに仕上がっていると思います。

そんじゃいくぞーーー

ATCQとは?

文化系ラッパー、ニュースクールの雄

ATCQはアメリカのヒップホップグループ。MCにはQ-Tip(Qティップ)とPhife Dawg(ファイフドーグ)のMC二人に、DJにはAli Shaheed (アリシャヒード)を据えた3人組(Jarobi Whiteはファーストアルバムのリリース後脱退。)で、いわゆる90年代に勃興した、「ニュースクール」と呼ばれる流れで出現したグループです。このニュースクールは、従来の「オールドスクール」に対比する形で使われ始めた用語で、多分にイメージ戦略の要素も含んだ呼び方ではありますが、便宜上使わせてもらいます。

オールドスクールとは、つまり従来のヒップホップ像を体現した存在で、いわゆる「ゴールドのネックレス」や「銃、ドラッグ、現金」などのイメージで説明できるジャンルです(というかニュースクール以前はコレがスタンダードだったわけです)。しかし90年代に入り、ヒップホップのイメージも多様化していきます。その大きな流れで出てきたのが、例えばRick Rubin(リックルービン)プロデュースによる白人のヒップホップ、若しくは白人と黒人のコラボレーション。Run DMCとロックバンド、Aerosmith(エアロスミス)による”Walk This Way”や、白人グループ、Beastie Boys(ビースティボーイズ)のデビューなどが代表例ですね。

そしてもう一つの流れとして、ATCQやDe La Soul(デラソウル)らの、非ヤンキーたちによるヒップホップの勃興です。彼らがラップする内容は、「〜が殺された」とか「刑務所に何年入った」とかそういうことではなく、もっと日常的なで誰もが共感できるような内容を志向しています。ATCQは女の子のことやポケベル依存症のことなどを題材に秀逸なラップをし、De La Soulは彼らのデビューアルバムに”Buddy”(バディ)とあるように、友情というものについてのラップを披露しました。彼らを中心人物に、ヒップホップの(当時としては)新たな価値観を築き上げた一連のグループを”ネイティブ・タン”と呼び、ニュースクールを象徴する存在として認識されています。

魅力はジャジーなサウンド

ATCQの楽曲における最も魅力的なポイントは、ジャズをベースにしつつ、R&Bやファンクなどを織り交ぜ、それらを自分たちのヒップホップに落とし込んでいる点です。当時から”オルタナティブ”なヒップホップと称されたそのサウンドは、ヒップホップという枠組みではなく、もっと広範囲に及んだ、“ブラックミュージック”そのものを体現した音楽と言えるでしょう。

彼らの影響は凄まじく、Pharrell WIlliams(ファレルウィリアムス)、Kanye West(カニエウェスト)やCommon(コモン)ような00年代以降のラップスターは、ATCQのフォロワーであることを公言しているし、ヒップホップ界隈だけでなく、D’angelo(ディアンジェロ)やEryka Badu(エリカバドゥ)などの非ヒップホップ界隈の黒人ミュージシャンにも、リスペクトを送られています。

Robert Glasper(ロバートグラスパー)のような現代的なジャズミュージシャンの登場はジャズに再び光を当てるとともに、ヒップホップのサンプリング精神がジャンルという垣根を簡単に飛び越え、Kendrick Lamar(ケンドリックラマー)などはヒップホップの枠組みを超えた素晴らしいアルバムをリリースしました。近年におけるこれらの、ブラックミュージック内でのジャンル間の強い相互作用は、ATCQが一つの重要なトリガーとなっているのかもしれませんね。

また、とりわけQ-Tipに関しては、そのソロ活動において、よりジャズやソウルといったジャンルに接近していった音楽を追求し、ブラックミュージックにおける数多くのマスターピースをリリースしました。

外せない曲6選

“Can I Kick It”

■アルバム、”People’s Instinctive”に収録。■

Lou Reed(ルー・リード)の”Walk On The Wild Side“のベースラインをサンプリングした楽曲。ATCQの最も知られた曲のひとつとして知られています。ニューヨークを歌ったこの名曲をサンプリングしたのは、Q-TipとPhifeが幼い頃からの友人であり、ニューヨークのクイーンズ地区で育ったことに関係しているのかもしれませんね。

この楽曲が収録されているファーストアルバムは、後の2枚に比べると一番ジャズ色が薄いアルバムで、ロックの有名曲などがサンプリングされたりしています。例えば、”Luck Of Lucien”などはビートルズの”All You Need Is Love”のストリングにピッチ変更を加えてサンプリングしています。

“Bonita Applebum”

■アルバム、”People’s Instinctive~”に収録。■

キーボードとギターはRAMPによる”Daylight“のサンプリング。使い方が非常にうまい!個人的に一番のおすすめ曲。

“Jazz(We’ve Got) Baggin’ Out”

■アルバム、”The Low End Theory”に収録。■

MVの飛び出した目が面白い。

“Scenario”

■アルバム、”The Low End Theory”に収録。■

印象的なイントロのキーボードは、Brother Jack McDuffの”Oblighetto“をサンプリングしていて、他にもJimi Hendrixの”Little Miss Lover“もサンプリングしています。

“Award Tour”

■アルバム、”Midnight Marauders”に収録■

わーい”Tokyo”(東京)が出てくる。最高。

“Electric Relaxation”

■アルバム”Midnight Marauders”に収録。■

彼らの代表曲のひとつ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました