フジロック19 予習は済ませた? Day1編|外せない5組の紹介

ピックアップ

みなさん調子どうですか、こんにちはです。

今年もこの時期がやってまいりました。夏フェス、アジア最大級のフェス”フジロック”の開催です!

2019年度も7/26(金)、7/27(土)、7/28(日)の三日間に渡って開催されることが決定しました。この記事では、初日に当たる7/26(金)のラインナップについて、特に外せないアーティスト5組を紹介していこうと思います!

▶︎2日目、7/27(土)のオススメ記事はこちらをご覧ください。

▶︎3日目、7/28(日)のオススメ記事はこちらをご覧ください。

オススメのアーティストについて、な概要と注目ポイント、そして代表的な1曲とともに解説していきますので、何を見ようかまだ迷っている方はぜひご覧ください。

ちなみに全日程のラインナップとタイムテーブルはこちらから参照してください。

そんじゃいくぞーーー

これだけは外せない5組

組目.The Chemical Brothers

■アルバム”Push The Button“収録。ラッパー、Q-Tip(Qティップ)とのコラボレーション。■

ステージ:グリーンステージ(ヘッドライナー)

来ました!The Chemical Brothers(ケミカルブラザーズ)はUKの2組のユニットです。いわゆる90年代のUKにおいて勃発した“ビッグビート”と呼ばれるムーブメントの代表的なグループですね。ビッグビート勢で今でもガンガンフェスに出てくるのは、彼らとFat Boy Slim(ファットボーイスリム)くらいではないでしょうか?

そんな彼らが4年ぶりの新作に当たる”No Geography”をひっさげてグリーンステージのヘッドライナーとしてやって来ます。グリーンはフジロックの中で一番大きなステージ、彼らの真骨頂は様々なエフェクトや仕掛けを施した近未来的なライブパフォーマンスにあります。この機会を逃すな!

組目.Thom Yorke Tomorrow’s Modern Boxes

■アルバム”Tomorrow’s Modern Boxes“に収録■

ステージ:ホワイトステージ(ヘッドライナー)

ついこの前、サマソニのヘッドライナーとしてRadiohead(レディオヘッド)がやって来ましたが、今度はThom Yorke(トムヨーク)がソロでフジロックにやってきます、Radioheadとは一味違った、ミニマルなダンスミュージックを堪能したいなら、必見です。

これほどホワイトステージのヘッドライナーが似合うポジションのミュージシャンはいませんよ。

▶︎Thom Yorkeについてはこちらにおすすめ曲の記事あり。ぜひご覧ください。

▶︎Radioheadについてはこちらにおすすめ曲の記事あり。興味があればぜひ。

組目.Original Love

■アルバム”変身”に収録。■

ステージ:レッドマーキー

ロック、ジャズ、ブルースなど、様々なジャンルをクロスオーバーした極上のポップスを提供する90年代のバンド。中心人物は田島貴男ですが、全ての役割を果たしているのでほぼ彼のソロプロジェクトといっても差し支えないでしょう(ないかな??)。

紹介している代表曲の「接吻」は誰しもが耳にしたことのある有名曲ですね。

Original Loveのフォロワーを公言するミュージシャンは少なくなく、オザケンや小山田圭吾のフリッパーズギターも彼らの楽曲に影響を受けています。さらに最近、結成20周年を迎えたこともあり、Petrolz(ペトロールズ)のトリビュートアルバムに参加するなど、世代の垣根を超えてその活動を活発化させています。

フジロック唯一の屋内ステージであるレッドマーキーに登場。このステージはミュージシャンとの距離が絶妙なのでめちゃくちゃ良いですよ。

組目.Kaytranada

■アルバム”99.9%“に収録。The InternetのSYDとのコラボレーション。■

ステージ:プラネットグルーヴ

Kaytranada(ケイトラナダ)はハイチ生まれカナダ育ちの黒人ゲイミュージシャンです。当初はDisclosure(ディスクロージャー)らにフックアップされ、サウンドクラウド上でリミックスが話題を呼び、DJ、リミキサーとしてのイメージがありましたが、着々とプロデューサーやミュージシャンとしての名声も獲得しつつあり、これからさらにステップアップしていくことが期待されている注目株です。

プラネットグルーヴは、レッドマーキーの深夜枠の呼び名で、Kaytranadaは夜中の1時くらいからパフォーマンスをやるっぽいですね。体力に自身のある方はぜひ聴くべきです!彼はこれからもっともっと有名になるはず。

▶︎こちらにKaytranadaについての記事あり。めちゃくちゃおすすめなのでぜひ見てね。

組目Tro Y Moi

■アルバム”Outer Peace“収録。■

ステージ:レッドマーキー

個人的に気になるワイルドカード。いかにもベッドルームで作れたようなサウンドが良いですね。サンクラ世代っぽい雰囲気ですね。

ちなみに自分が知ったのは、オーストラリアのThe Avaranches(アヴァランチズ)がリリースした”If I Was A Folkstar“という楽曲でフィーチャーされていたことがきっかけです。落ち着いたボーカルがチルい。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました