フジロック19 予習は済ませた? Day2編|外せない5組の紹介

ピックアップ

みなさん調子どうですか、こんにちはです。

今年もこの時期がやってまいりました。夏フェス、アジア最大級のフェス”フジロック”の開催です!

2019年度も7/26(金)、7/27(土)、7/28(日)の三日間に渡って開催されることが決定しました。この記事では、2日目に当たる7/27(土)のラインナップについて、特に外せないアーティスト5組を紹介していこうと思います!

▶︎1日目、7/26(土)のオススメ記事はこちらをご覧ください。

▶︎3日目、7/28(日)のオススメ記事はこちらをご覧ください。

オススメのアーティストについて、な概要と注目ポイント、そして代表的な1曲とともに解説していきますので、何を見ようかまだ迷っている方はぜひご覧ください。

ちなみに全日程のラインナップとタイムテーブルはこちらから参照してください。

そんじゃいくぞーーー

これだけは外せない5組

組目.Sia

■アルバム”1000 Forms Of Fear“に収録■

ステージ:グリーンステージ(ヘッドライナー)

キターーーーーーーー。Sia(シーア)って日本公演とかしたことないですよね確か。日本でもかなりの人気なので待ち望んでいた人は多いはず、フジロックのヘッドライナーが記念すべき初来日になるとはもう言葉では言い表せないほど最高ですね。

Siaと言えば髪の毛で意図的に顔を隠したスタイルで知られていますが、こういった場合、どんなトリッキーなライブパフォーマンスを見せてくれるのか非常に楽しみですね。

▶︎Siaについてのおすすめ曲はこちらに記事あり。ぜひぜひご覧になってください。

組目.Martin Garrix

■Martin Garrixの注目のきっかけを作った代表曲。■

ステージ:グリーンステージ

ロック至上主義の方々は、もしかしたらこのラインナップには異議を唱えるかもしれませんね。Martin GarrixのようなEDMのDJで楽器も弾けないのが、ロックフェスに出るべきではないと。こういった言説はもう古い、少し前はラッパーに対してこういった批判が多かったです(Jay-Zのグラストンベリー出演に対するNoel Gallagherの批判とか)が、今やDJだって、ラッパーだって、ロックフェスに出る時代になったのです。

文句言ってないで楽しみましょう。楽しんだもん勝ちです。

▶︎Martin Garrixのおすすめ曲についてはこちらに記事あり。ぜひご覧ください。

組目.Courtney Barnett

■アルバム”Sometimes I Sit & Think & Som“に収録■

ステージ:ホワイトステージ

オーストラリア出身の注目シンガー。女性ボーカルがギターを片手に歌い上げる姿は、近年では珍しい光景ですがカッコいいですね。

Pitchfori(ピッチフォーク)などのメディアにアルバムが取り上げられていたりするので、ちょっとオルタナティブでインディーズ寄りの音楽が好きな人にオススメしたいですね。

組目.Unknown Mortal Orchestra

■アルバム”Multi“に収録。■

ステージ:ホワイトステージ

アメリカのサイケデリックロックの雄がやってきます。次に紹介する日本のバンド、Tempalayもこのバンドからの影響を公言していますね。

最高のサイケデリックロックバンドです。必見。

組目.Tempalay

■アルバム”From Japan2“に収録。■

ステージ:レッドマーキー

Tempalay(テンパレイ)という日本のロックバンドです。小原綾斗(おはらりょーと)を中心として、サイケデリックロックとポップソングの絶妙なバランス感覚から放たれるその楽曲は、アンダーグラウンドシーンから話題を呼び、若手の登竜門として知られるフジロックのルーキーアゴーゴーの出演に始まり、アメリカのSXSWへの出演、そして渋谷のLiquidroomをソールドアウトさせるなど、着々とメインストリームにおいてもその名を知られるようになってきています。

個人的に、10年代後半における日本のインディーズシーンへの注目は、Suchmos(サチモス)の稀に見る成功によって活況の様相を呈してきたように感じますが、Tempalayも、音楽性は全く違えどもそういった流れからのバンドと言えるかもしれませんね(Suchmosは一足先に去年のグリーンステージを勝ち取っています。Tempalayもこれからですね)。

▶︎Tempalayのより詳しいことについてはこちらに記事あり。ぜひご覧ください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました