ジョージハリスンのソロ曲のおすすめ|ビートルズのリードギター

ピックアップ

みなさん調子どうですか、こんにちはです。

この記事では、ジョージハリスンのソロワークについて紹介していきます。言わずと知れたビートルズのギタリストでありますが、案外(失礼)ビートルズ解散以降も、たくさんの素晴らしい楽曲をリリースしています。ちなみにこの記事はソロワークについて焦点を当てていますので、ビートルズ時代の楽曲については、以下の関連記事を参照してください。よろしくお願いします。

▶︎関連記事「ビートルズ時代のジョージハリスンの名曲|意外と多い(失礼)

そんじゃいくぞーーー

ソロ時代のジョージハリスン

誰よりも早く掴んだ成功

1970年にビートルズは解散し、それぞれが別々の道を歩みソロ活動を始めましたが、この中でいち早く素晴らしいアルバムをリリースしヒットを記録したのは、実はジョージハリスンなのです。

もちろん他のメンバーがヒットしなかった訳ではありません。John Lennonの初ソロ作、”ジョンの魂”における、ピアノ主体で展開していくシンプルなサウンドに、自己内省を深めたその精神性は彼の最高傑作とも名高いし、そして、何といっても”Imagine“などに代表される数々のマスターピースを作っています。Paul McCartneyに関しても、一時期ドラッグ中毒に陥り、解散後直近のソロ作品は賛否両論を巻き起こすなど、多少のやきもきはありましたが、すぐに妻のメリンダとともに結成したバンド、Wings(ウィングス)が”Band On The Run“などの大ヒット曲をリリースするなど、大成功を納めています。

このように彼らは、ビートルズ以後もそれぞれの成功を掴んでいきました。そして、ジョージハリスンは他の誰よりも早く、3枚組という大量の楽曲を納めたソロ作品、“All Things Must Pass”をリリースし、全米ナンバーワンを獲得するなど、一番乗りでヒットを掴むのです。まさに隠れた秀才の創造性が爆発したアルバムと言えますね。ビートルズ時代は、天才二人がレコーディング中でも一番の時間をかけていたため、少なからず彼がないがしろにされてしまうことがありました(このことに関して、プロデューサーのGeroge Martinは事実だと認め、謝罪しています)。そんな中で、かなりリリースしていない楽曲のストックがあったのでしょう笑、事実このアルバムのタイトル曲は、ビートルズ時代にデモテープがレコーディングされています。ちなみにそのデモ曲はこちらから。非公式のこちらの音源の方はよりバンドっぽいですね。

ソロ時代の豊富な人脈を生かした、様々な活動

▶︎関連記事「ビートルズ時代のジョージハリスンの名曲|意外と多い(失礼)

こちらの記事でも詳しく書いていますが、彼といえば「心優しい」人間性。そのためもあってか、スターながら多くの友人に恵まれ、ソロ時代はその人脈を生かした様々な活動をしていました。

まずは大親友のEric Clapton(エリッククラプトン)から。上の記事でも書きましたがお互い親友であり、車も、衣装も、もちろん女性も(笑)何だって共有した仲です。彼とは1971年には、世界ではまだ前例のなかった慈善コンサート、「バングラデシュ難民救済コンサート」を敢行します。このライブでは二人をはじめとして、Bob Dylan(ボブディラン)やBad Finger(バッドフィンガー)、そしてRingo Starr(リンゴスター)など、彼の交友関係を総動員して、何とノーギャラで数々のミュージシャンが集まりました。Eric Claptonは当時ドラッグ中毒に陥り、Bob Dylanに関してもリハーサルに顔を出したかと思えば「ここではできない」と辞退をほのめかすなど、裏ではかなりの問題もあったみたいですが、何とか成功を収めます。この年のグラミー賞を獲得するなど、素晴らしい評価をもって迎えられました

また1988年には、覆面バンドTraveling Wilburys(トラヴェリングウィルベリーズ)というグループを結成。こちらもジョージハリスンの交友関係をベースに集められ、メンツはボブディラン、ELOのフロントマンであるジェフリン、”Pretty Woman“などで有名なロイオービソン、そしてトムペティといった、レジェンド級のミュージシャンが集まったスーパーバンドです。

そして、時は流れ2001年に彼は死去します。この彼の死を弔うために2002年に、イギリスのロイヤルアルバートホールで”コンサートフォージョージ”が開催されました。彼を愛する人々が一同に集まり(もちろんポールもリンゴも)、彼がこの世に生み出した名曲を披露しました。最初から最後まで、たくさんの友人や仲間に囲まれた人生でした。

私的セレクト曲7選

“All Things Must Pass”

アルバムのタイトルソング。「全ての物は過ぎ去ってゆく」という表題は、彼の東洋思想への傾倒が伺い知れますね。

“Isn’t It A Pity”

アルバム”All Things Must Pass”に収録された楽曲。フィルスペクターのウォールオブサウンドがこれほどマッチする曲もなかなかないのではないでしょうか。

ちなみに”コンサートフォージョージ”で披露されたEric ClaptonとBilly Prestonによるカバーも素晴らしいのでぜひ聴いてみて下さい。

“Give Me Love”

Ed Sheeran(エドシーラン)による同名の楽曲がありますが、全く関係ないみたいですね。同じイギリス出身なので、最初はカバーかと勘違いしました。今では”Give Me Love”と検索すると、真っ先にEd Sheeranの方が出てきます。時代の移り変わりですね。

“When We Was Fab”

ビートルズは当時、”Fab Four”(最強の四人)と称されていました。彼がその若かりし頃を振り返った曲になっています。ドラムにはリンゴスターが参加しました。

“My Sweet Lord”

ソロにおけるジョージハリスンの代表曲。

“Got My Mind Set On You”

予期せぬヒットソング笑。

“What Is Life”

なぜかわかりませんが、新しくMVが制作された楽曲です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました