LSDがドラッグ並みの中毒性|夢のオールスター??

LSDが突如始動!!

LSD – No New Friends (Official Video) ft. Labrinth, Sia, Diplo

■SiaではおなじみのMaddi ZieglerがMVに出演!!■

 

みなさん調子はどうですか?こんにちはです。

今回紹介するのはLSDです。おっと、これは危ない名前ですね。もちろんこれからドラッグの話を始めようとしているのではありません。もしかしたらこの名前が、かの有名なビートルズのジョンレノンが”Lucy in the Sky with Diamonds”(頭文字を取ると”LSD”になる、これは当時流行っていたドラッグで、このトリビアはかなり使い古されたモノです)を作った時と同じように、意図の本筋とは全く関係ないけれど、そういった怪しいものとの関係を敢えてほのめかしているのかもしれませんが。

LSDは夢のオールスター??

さて、話が少し逸れましたが、このLSDというグループは、あのSiaとLabrinth、そしてプロデューサーのDiploが手を組んで結成された夢のオールスターなのです。Diploといえば、アメリカの人気プロデューサーで、他にもMajor Lazer(メイジャーレイザー)、SkrillexとのJack U(ジャックユー)など、いくつかのサイドプロジェクトを並行しながらやっていますが、今回また新しいプロジェクトということで、LSDが始動しました。

▶︎Siaについてはこちらの記事。

▶︎DiploとSkrillexによるユニットJack Uについてはこちらの記事。

もともとは、楽曲を作るためにDiploが個人的に二人をスタジオに招いていたみたいなのですが、そこでビビっと共鳴するものがあったらしく、「人生で出会った中で一番クレイジーで一番クリエイティブな二人」(Diplo本人談)との夢のグループがトントン拍子で実現したのだそうです。おそらく、Diploの他のサイドプロジェクトがそうであるように、メインでがっつり楽曲のリリースやライブをするというよりも、比較的緩やかな感じで活動を行なっていくと思われるので、気を長くして待ちつつ、とは言ってもやはりメンツが豪華すぎるので、常に動向はチェックしておきたいところです。

ポップでサイケな世界観を堪能

楽曲だけで判断するのは少しだけ難しいかもしれません、しかし曲に付随するMV、アルバムのアートワーク、公開されている彼らのアーティスト写真などを見る限り、かなりカラフルであり、ポップで、ときにはバカっぽい、非常にサイケデリックな世界観で構成されています。これらから判断すると、LSDというユニット名もやはり狙っているのではないかと思わず勘ぐってしまいますね。そういう意味で、ヒッピーカルチャーやポップアートのような60年代の文化からシリアスさだけを引っこ抜いた雰囲気があるとも言えます。

特に、Siaのアーティストとしてのスタイルとは結構真逆にあるような感じなので、ある意味では新しい一面を覗き見れるような感じがして面白いです。、Siaが好きな人こそ、その全く違うLSDの楽曲を聴いてみて欲しいですね。

 

LSDの外せないオススメ曲

LSD – Thunderclouds (Official Video) ft. Sia, Diplo, Labrinth

■SiaとLabrinthが一曲で聴けてしまうなんて贅沢極まりない。■

一番のオススメ曲。マイクリレーのような形で二人のボーカルが聴けます。どちらも本当に特徴的でかつ上手いボーカリストですね。MVに出てくる赤い車のドアに「サンダー雲」と日本語が確認できます!要チェック。

 

LSD – Genius ft. Sia, Diplo, Labrinth

■アニメーションが可愛すぎるのでぜひMVと一緒に聴いてほしい。■

LSDはこれまで一枚のミニアルバムをリリースしてますが、こちらはそのアルバムの先行シングルとしてリリースされた楽曲です。

 

LSD – Audio (Official Video) ft. Sia, Diplo, Labrinth

■パーカッションからドロップまで、随所にDiploらしさに溢れてる。■

前の二曲はSiaとLabrinthのボーカルを前面にフィーチャーした楽曲になっていますが、こちらの曲はDiploのプロデューサーとしての手腕が遺憾無く発揮された、クラブライクな曲に仕上がっていますね。二人のボーカルが味付けされつつ、しっかりとDiplo節が炸裂したドロップが聴けるのはポイント高いですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました