Major Lazerの入門おすすめ曲|EDM初心者向け

Major Lazerのススメ

みなさん調子どうですか?こんにちはです。

さて突然ですが、Major Lazer(メイジャーレイザー)というグループをご存知でしょうか?はい、様々な有名ボーカリストを頻繁にフィーチャリングしたり、最近ではかなりの数の曲をビルボードのナショナルチャートにぶち込んでるので、知っているという人も多いかと思います。

この記事ではMajor Lazerがどんなグループなのか?どういったところが良いのか?などなど、彼らのことについて深掘りしていきたいと思います。

Diploを中心とした、現在は3人組のDJグループ

まず、Major LazerといえばDiplo(ディプロ)ですよね。彼はアメリカのDJで、Major Lazerのみならず、ソロでの活動、SkrillexとのJack Uでのサイドプロジェクト、そして最近ではSiaとLabrinthによる夢のトリオ、LSDが結成されるなど、あらゆる方面から引っ張りだこの超人気DJです。そしてこのグループにおいて、彼は結成した張本人であり、Major Lazerのフロントマン的役割を果たしています。

▶︎Diploのサイドプロジェクト、Jack Uについてはこちら

▶︎Diploによる夢のトリオ、LSDについてはこちら

このMajor LazerはDiploが中心自分として活動しているグループと言って差し支えないのですが、幾らかのメンバーチェンジを経て、現在はDiploを含めて3人組のグループとして活動しています。

まずMajor Lazerはもともと、DiploとDJ Switch(スイッチ)によるユニットとして結成されました。DJ Switchはソロとしても有名なDJで、DiploとはイギリスのミュージシャンであるM.I.Aを通して出会い、彼らの記念すべきファーストアルバム”Guns Don’t Kill People… Lazers Do”は、この二人によってレコーディングされました。シングルカットされた”Pon De Floor“ような曲を聴いてみると、ヒットを連発し始めた2013年以降とはまた違った、クラブライクなサウンドが聴けます。

そして、DJ Switchが「創造性の違い」でMajor Lazerを脱退。2012年には新たに、Jillionaireというトリニダード・トバゴ出身のDJ、またWalshy Fireというマイアミ出身のDJを迎え、3人体制で再スタートしました。Jillionaireはカリビアン、レゲエやダンスホールといった得意とするジャンルをMajor Lazerのプロダクションに持ち込み、またWalshy FireはMC的な立ち位置として役割を果たしています。

さらに2019年には、Jillonaireが自身のソロプロジェクトに専念するため、Major Lazerを脱退、入れ替わりで、ジャマイカのDJであるApe Drumsがメンバーとして迎え入れられました。このようにして、かなり頻繁なメンバーチェンジを経て、現在はDiploを中心に、Walshy Fire、Ape Drumsの3人体制で活動しています。この入れ替えも2019年とかなり最近のことなので、おそらくこれからも色々メンバーが変わるのではないかと思います。といっても、中心人物はあくまでDiploなので、彼のことさえ知っておけばとりあえず問題ありません。

EDMの波に乗りたいなら、とりあえずMajor Lazerから!

EDMの波と言っても、2019年現在の今では、EDM熱も一時よりは、かなり落ち着いてきている感じがしますね(と言ってもバカ騒ぎEDMフェスは毎年たくさん開催されてますが…)。しかしEDMの波が全盛期ほどではないにしても、もはやEDMというジャンルが世の中に定着した感がありますので、流行り廃りに関係なく、これからは「ロックが好き!」、「ラップが好き!」みたいに、EDMが語られるようになると思います。そんな時、まずEDMの入り口としてオススメしたいのがズバリ、この記事で紹介するMajor Lazerなのです。

まずおすすめできる点は、何と言ってもその聴きやすさ。クラブで流れる音楽と言っても、しっかりとボーカルの入っている歌モノが多いので、「え、なんかずっとズンズン低い音が鳴ってるだけ…」みたいなことにはならないので安心です。しかも、フィーチャリングされているボーカルも有名なミュージシャンばかりで、Justin Bieber(ジャスティンビーバー)から、Ellie Goulding(エリーゴールディング)まで、彼らのアルバムのクレジットには、ビッグネームがずらりと並びます

そしてもう一つおすすめしたい点は、Major Lazerを起点に色々な曲を知るきっかけが増えることです。先ほども説明しましたが、Diploは様々なビッグプロジェクトを複数進めているような、超売れっ子のDJです。その分Major Lazerでも、他ミュージシャンを招聘してレコーディングされる楽曲が多いので、Major Lazerを聴くことによって、世界を席巻するポップミュージシャンから、これからヒットしそうな期待の新人株まで、色々なミュージシャン、楽曲を知ることができます。この裾野の広さは、様々なコラボレーションやプロジェクトを同時並行で進めている、人脈オバケDJのDiploならではのポイントですね。

 

Mazer Lazer私的セレクト曲

Lean On Ft.MØ

フランスのDJ Snake(DJスネーク)との共作で、ボーカルはMØ(ムー)というアメリカのシンガーです。おそらくMajor Lazer一番のビッグヒットを記録した曲でしょう。日本でもGoogleのCMにも使用されたので、結構有名ですね。

Cold Water Ft.Justin Bieber

カナダの超大天才イケメン大金持ちタトゥー男こと、Justin Bieberとのコラボレーション。彼はソロでの活動の方がさらに有名ですが、そもそもソロの代表曲である”Sorry“、”What Do You Mean?“などは、Skrillexがプロデュースしていたり、かのJack Uのアルバムでは”Where Are U Now“に参加していたり、DJ Snakeとは”Let Me Love You“でコラボしていたりと、EDM界隈、というかDiploとその一味的な集団からは、めちゃくちゃ重用されています。

Powerful Ft.Ellie Goulding

Ellie GouldingもSkrillexとの”Summit“でのコラボや、Calvin Harrisの”Outside“や”I Need Your Love“でのコラボレーションなど、EDM界隈ではおなじみの人になりつつありますね。というかEDMが生んだスーパースターであるSkrillexは、Ellie Gouldingと一時期交際していましたね。

Be Together Ft.Wild Belle

最後は、個人的に好きな曲を挙げておきます。MVのいかにもアメリカンな感じがすごくGOOD。こういう世界観てMajor Lazerっぽくない気がするけど、Diploがバイク乗ってる姿がかっこよすぎるのでOKです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました