Sam Smithをより楽しむための5曲|コラボなどなど

Sam Smithとは?

Sam Smithの入門的なおすすめ曲については、以前こちらの記事にて書きました。彼のことについてまだ何も知らない、けれども興味はある、といった方はまずそちらの記事をご覧になってください。

さて、それを踏まえたうえでこの記事では、Sam Smithをより深く楽しむために彼が今までやってきたフィーチャリングやコラボレーションについてのおすすめを紹介していこうと思います。もちろん筆者的な独断と偏見のフィルターにかけているので、全てをカバーできている訳ではありませんが、出来るだけ重要だと思われる楽曲については出来る限りの範囲で網羅したつもりです。

 

より楽しむために

Disclosure-Latch

Disclosure – Latch feat. Sam Smith (Official Video)

イギリスのハウスデュオ、Disclosureとのコラボレーションです。この曲自体がDisclosureにとってのブレイクスルーとなったことは良く知られていますが、ボーカルを務めたSam Smithにとっても、この曲をきっかけに注目を集めるようになりました。

もちろんDisclosureとは仲が良く、この曲でフィーチャリングした後も、彼らのセカンドアルバムのシングル”Omen“にボーカルとして参加していたり、またD’Angeroやインストのダンスミュージックのような、自分にとって今まで聴いたこともない曲をたくさん教えてもらったりしているそうです。

 

Disclosure-Together

Sam Smith x Nile Rodgers x Disclosure x Jimmy Napes – 'Together' (Lyric Video)

こちらもディスクロージャーとの共演です、さらにギタリストのNile RodgersやSam Smithの良きパートナーであり作曲家のJimmy Napesがクレジットされていますね、とても豪華なメンバーです。公式でのリリースはしていないっぽい?ですが、この動画はイギリスのインディーレーベルであるMethod Recordsのチャンネルです。

 

Naughty Boy-La la la

Naughty Boy – La la la ft. Sam Smith (Official Video)

こちらも同じくイギリスのミュージシャンであるNaughty Boyとのコラボレーションです。この曲に関しては説明不要なほど、リリース当初は大ヒットしていましたね。Sam Smithにとって初のナンバーワンにチャートインした楽曲だったそうで、このことに関して「安心した」と語っています。

 

Sam Smith-Writing’s On The Wall

Sam Smith – Writing's On The Wall (from Spectre)

イギリスの超有名映画シリーズである007の主題歌です。今作”スペクター”ではSam Smithが起用されました。前作の”スカイフォール”では同じくイギリスのAdeleが起用されていることからもわかるように、Sam Smithがこれからのイギリスのポップスシーンを牽引していくことが期待されているのではないでしょうか。

 

Calvin Harris-Promises

Calvin Harris, Sam Smith – Promises (Official Lyric Video)

Calvin HarrisといえばEDMというジャンルの王者的な立ち位置で、DJランキングでも圧倒的な年収を誇っているセレブですが、近年はFrank OceanやPharrell Williamsと共演するなど、従来のフェス向けに最適化された楽曲から大きくスタイルを変えてきました。このコラボレーションもSam Smithのメロディアスなボーカルにディスコっぽいサウンドへと志向しています。

 

終わりに

いかがでしたか?今回紹介した楽曲ですが、Disclosureについてはこちらにおすすめ曲の記事があるので、気になる方はぜひご覧になってください。また、こちらの記事とこちらの記事では彼らについてのもっと深い部分にフォーカスした内容になっているので、こちらもぜひ気になる方はご覧になってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました