サマソニ19 予習は済ませた? Day2編|おすすめの5組

ピックアップ

みなさん調子どうですか、こんにちはです。

今年も夏の恒例行事がやってきました。

花火、夏祭り、かき氷。そして、夏フェス!

2019年度も8/16(金)、8/17(土)、8/18(日)の3日間に渡って、都市型フェスの代表格として知られるサマーソニックが開催されます。 この記事では、そんなサマーソニックについての個人的なおすすめアーティストについて書いていこうと思います。

この記事は2日目に当たる8/17(土)のラインナップについて、絶対に外せない5組のアーティストを紹介していきます!

▶︎1日目、8/16(金)のオススメ記事はこちらをご覧ください。

▶︎3日目、8/18(日)のオススメ記事はこちらをご覧ください。

オススメのアーティストについて、単な概要と注目ポイント、そして代表的な1曲とともに解説していきますので、何を見ようかまだ迷っている方はぜひご覧ください。

ちなみに全日程のラインナップとタイムテーブルはこちらから参照してください。

そんじゃいくぞーーー

個人的オススメ5組

Red Hot Chili Peppers

Red Hot Chili Peppers(以下RHCP)はアメリカのロックバンド。90年代のアメリカロックシーンを代表するグループであり、2019年現在もコンスタントにアルバムをリリースし続け、数多くのメンバーチェンジを経ながらも、今も超人気ロックバンドの地位を保ち続けています

Dani California(ダニーカリフォルニア)がデスノートの映画、”Lチェンジザワールド”に起用されたこともあり、日本でも馴染み深いバンドですね。RHCPといえば、ライブパフォーマンスに定評があるバンド。日本のフェスでも数々の爪痕(問題?!)を残してきた彼らの演奏は絶対に見逃せません。はっきり言って今年のサマソニ一番の目玉!

RADWIMPS

今や新海誠効果によって国民的になりつつある日本のロックバンド。ラッドって自分が中学生くらいの頃は、ど真ん中直球から少し外れてるからこその人気、みんなが知ってるわけじゃないから良い、っていう感じのポジションにいた気がするんですが、今じゃもう(いうて似てないのにパクリパクリ言われてた)バンプの遥か先に行ってしまいましたね。

自分は音楽好きの姉の影響で、小学校5・6年生のころにラッドの”ふたりごと”を聴いて、歌詞の意味なんてあんま理解できていないくせに「ラッドカッケーわ」って友達に布教していました。確か6年生の頃にアルバム絶体絶命がリリースされて、近くのCD屋で初回限定版を予約して買った記憶。歌詞カードが一枚一枚透明になってて、重ねるとアルバムのアートワークが完成する仕掛けになっていて、子供ながらに「スゲーーー」って思った笑。

Superorganism

Frank Ocean(フランクオーシャン)やVampire Weekend(ヴァンパイアウィークエンド)のEzla Coenig(エズラクーニグ)などの、錚々たるミュージシャンにフックアップされ、近年かなりの注目を集めいているグループ。

中学3年生の頃に日本を飛び出してアメリカへ渡った、オロノという女の子がボーカル(めちゃくちゃ小さくて可愛らしい)で、YouTube上の関連動画から偶然見つけて友人になりバンドを組んだ、イギリス、ニュージーランド、韓国など多国籍からなる超現代的なバンド

Flaming Lips(フレーミングリップス)やMGMTを自身の好きなミュージシャンと挙げていることからも、ポップスとサイケの両立を志向したバンドのように思われますが、本人たちは「みんなが好きなことをやっているだけ」という、なんとも自由奔放な発言。しかし「より多くの人に聴いてもらうため」の野心はしっかり持っているとのこと、これからの活躍に期待大です。

CHAI

日本のロックバンド。近年の日本のインディーロックシーンの盛り上がりから注目されるようになったと思いますが、彼女らは一味違った活躍を見せています。日本のバンドながら「グラミー賞受賞」を目標とする野心の大きさに、Pitchfork(ピッチフォーク)のような海外メディアにも取り上げられるなど、確実に世界を視野に入れたキャリアを目指しています。

YouTubeの動画でみていただければわかりますが、彼女らの無邪気で自由気ままな性格や発言もなんだか良いですね〜。顔売りしてないとこもオモロイ。(こちらの動画は、彼女らの人間性が如実に現れている良動画、関係ないけどハマオカモトってトーク上手いよね)

Cero

個人的に気になるワイルドカード。ワイルドカードってほどでもないのかな?もう普通に人気のバンド???まぁどっちでもいいんですけどね。

D’Angelo(ディアンジェロ)のようなソウルミュージックに影響を受けた、“黒い”サウンドが魅力的なバンド。日本っぽくないリズムを追求した楽曲は、サマソニのステージではどのように映えるのか気になりますね!要チェックです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました